TOPページ > 視力低下の背景

「0から学ぶ、視力回復手術レーシックの知識」とは?

既に全世界では数百万人の人が視力回復に成功しています。「0から学ぶ、視力回復手術レーシックの知識」は、その最新視力矯正技術レーシックで視力回復をしたい人の為の情報サイトです。レーシックの基礎知識、レーシックの安全性、レーシックを受けた方の体験談、レーシック用語集、地域別レーシックマップなど、レーシックを受けたい方の為にレーシックに関する様々な情報を提供しています。

視力低下の背景


物が見える仕組み

人の目の仕組みは、カメラの仕組みと良く似ております。カメラは光が入ってきてフィルムに焦点が合うところで映像を焼き付けます。焦点が合うところにピントを合わせないとピンボケとなります。オートフィーカスが付いている最近のカメラは自動的にピントを合わせてくれます。

人の目はというと、カメラのレンズに相当するのが角膜と水晶体です。フィルムに相当するのは網膜です。先ほどのカメラの解説を置き換えて見ます。光が最初に通過するのは角膜です。角膜は凸レンズと同じく光を屈折させる役割をもっております。

角膜の形状は変えられませんので次に光が通過する水晶体を周囲にある毛様体という筋肉で厚みを変え屈折率を変化させます。

近くを見るときは、毛様体が緊張し水晶体が厚くなり、屈折率が弱くなります。反対に、遠くを見るときは、毛様体の緊張が無くなり、屈折率が強くなります。このような働きで目はオートフォーカスして物体にピントを合わせているのです。



屈折異常

正常に機能していたオートフォーカス機能が狂い、ピントがボケてしまう現象があります。ピントがボケてしまう理由は2つあります。1つは、眼球の長さが通常よりも長くなってしまう、又は短くなってしまう事から網膜にピントが合いにくくなる事です。もう1つは、水晶体の厚さの調整や屈折率の調整がうまく出来なくなることです。この様な状態を、屈折異常といいます。

屈折異常の中で最も多いのが近視です。日本人は約1/3が近視と言われています。近視の人は近くの物ははっきり見えますが、遠くの物はぼんやりとしか見ることができません。なぜなら、近視の人は光線が眼に入る時、網膜よりも手前に焦点が合ってしまうからです。

逆に角膜や水晶体による光の屈折率が弱すぎたり、焦点が網膜よりも後ろに行ってしまう状態。このことを遠視といいます。乱視は、角膜の頂点から全方向に均一なカーブが均一で無くなってしまい、光の焦点が二つに分かれてしまう事をいいます。その為、物が二重に見えたり、視力が悪くなったりします。

近視は通常、幼年期から起こって1O代後半や青年期に進行は止まりますが、最近はパソコンなどの普及により成人以降も近視が進むことがあることが報告されています。近視は普通、メガネやコンタクトレンズで矯正しますが、現在の医療では手術で矯正することができます。



視力回復方法

先ほどの解説で、屈折異常が近視・遠視・乱視を誘発する事が分かりました。という事は、近視に関しては網膜よりも手前に合っている焦点を後方へ移して網膜に焦点を合わせること。また、遠視に関しては網膜の後方で合っている焦点を前方へ移して網膜に焦点を合わせること。さらに、乱視に関しては水晶体のカーブを均一にすることが、視力を回復させる方法という事が分かります。

簡単に矯正方法を説明しますと、近視の場合は凹レンズのメガネやコンタクトレンズで屈折率を弱める。

遠視の場合はその反対で、凸レンズのメガネ等で屈折率を強め矯正します。乱視には一方向の屈折率を強調して変える円柱レンズ又は特殊なコンタクトレンズで矯正できます。

以上のような対策を講じる事によって矯正する事は可能なのですが、ここでは煩わしいメガネやコンタクトレンズに頼らない第三の矯正方法として注目を浴びている視力回復矯正方法紹介したいと思います。それが、レーシックです。



外国為替 |医療事務 |社会保険労務士 |新会社法 |サマンサタバサ通販 |アバクロ通販 |プチ整形 |芸能人 整形; |交通事故 示談
大人にきび |ウィッグ通販専門 |英語検定 |漢字検定 |パソコン検定 |倖田來未 |色彩検定; |貿易実務検定