TOPページ > レーシック 手術

「0から学ぶ、視力回復手術レーシックの知識」とは?

既に全世界では数百万人の人が視力回復に成功しています。「0から学ぶ、視力回復手術レーシックの知識」は、その最新視力矯正技術レーシックで視力回復をしたい人の為の情報サイトです。レーシックの基礎知識、レーシックの安全性、レーシックを受けた方の体験談、レーシック用語集、地域別レーシックマップなど、レーシックを受けたい方の為にレーシックに関する様々な情報を提供しています。

レーシック 手術


レーシック(LASIK)とは

レーシック(LASIK)とは Laser in Situ Keratomileusisの頭文字を取ってLASIKと呼んでいます。このレーシックは、メガネ・コンタクトレンズに代わる第3の視力矯正方法として注目を浴びている、最先端の医療技術なのです。

レーシック手術の流れとしては
  1.点眼薬による麻酔
  2.角膜にフラップの位置合わせ用マーキングを行う。
  3.マイクロケラトームで角膜の表面にフラップをつくる。
  4.フラップをめくり角膜にレーザーを照射し、
  5.フラップを元に戻す。 フラップは自然に角膜に戻ります。

以上の手順から角膜のカーブを変えて近視・乱視・遠視を矯正します。手術時間は両眼でおよそ15分~20分です。術後30分程休んだあと帰宅する事が出来ます。

レーシックを受けた人が最も感動を味わうのは、翌日の朝目覚めた時に、視界が全てクリアーに見える瞬間だそうです。



レーシック(LASIK)の安全性

米国では年間100万件を越える屈折矯正手術が行われております。AAO(米国眼科学会)やASCRS(米国白内障屈折手術学会)によってその安全性が認められていましたが、国の機関で、あるアメリカ国防総省の医学委員会がレーシックを積極的に取り入れることになったことで、その安全性がさらに証明されました。

これはどの手術にも言えることですが、レーシックも手術を行うということですので、危険度がゼロになることは有り得ませんが、これまでの実績とさらに進化している医療機器によって、危険度はほぼ皆無といえるレベルまで来たようです。

安全度を高めるには、治療環境の整った実績のある眼科専門のクリニックで受診する事をお薦め致します。

レーシックを受けている人は、どんな人がいるのでしょう?

プロスポーツ選手がレーシックを受けていると言う事は良く聞きます。ゴルフのタイガーウッズ選手や、西武ライオンズの松坂投手、その他プロサーファーなど。アメリカでは既に社会人から学生まで毎年100万人以上の人がレーシックを受けています。日本でも、ここ数年でレーシックの認知度が高まり、プロスポーツ選手に捉われず一般的にレーシックが広まっています。



外国為替 |医療事務 |社会保険労務士 |新会社法 |サマンサタバサ通販 |アバクロ通販 |プチ整形 |芸能人 整形; |交通事故 示談
大人にきび |ウィッグ通販専門 |英語検定 |漢字検定 |パソコン検定 |倖田來未 |色彩検定; |貿易実務検定