TOPページ

「0から学ぶ、視力回復手術レーシックの知識」とは?

既に全世界では数百万人の人が視力回復に成功しています。「0から学ぶ、視力回復手術レーシックの知識」は、その最新視力矯正技術レーシックで視力回復をしたい人の為の情報サイトです。レーシックの基礎知識、レーシックの安全性、レーシックを受けた方の体験談、レーシック用語集、地域別レーシックマップなど、レーシックを受けたい方の為にレーシックに関する様々な情報を提供しています。

0から学ぶ、視力回復手術レーシックの知識TOP


レーシックの語源

レーシックに関する詳細情報は各コンテンツで解説するとして、ここでは簡単にレーシックの歴史について紹介いたします。レーシックは1869年頃から世界中の眼科医が、外部的矯正器具を使用しない矯正方法として研究が繰り返されてきました。1983年にはアメリカで屈折矯正手術が行われ、1985年にはドイツで臨床応用へと発展しました。そして、1990年ギリシアでレーシックが始まりました。 その為、LASIK(レーシック)は、Laser In Situ Keratomileusis とギリシャ語が使われております。"Keratomieleusis"とは角膜を削るという意味です。

レーシックの歴史
1995年にアメリカでエキシマライザーのFDA(アメリカ食品医療薬品局)の認可が下りました。 2000年から毎年コンスタントに100万件以上の手術が行われています。日本では、2000年1月28日に厚生省がエキシマライザー治療を許可し、日本でもレーシックが行われるようになりました。アメリカ程では無いものの、日本でもレーシック手術を受ける人は年々増加しており、4万件を越えました。ようやく日本でも安心してレーシックを受けられるようになった、と言えます。



レーシックへの期待

最もレーシックに期待するもの、それはもちろん視力を回復させることであるが、今後の展開として、更なる安全性の向上、手術後の視力の安定性、コストの低減で必要であると感じている。これは、つまり器材の技術向上と標準化、医師の経験値の向上、そして患者の知識の向上という3方のレベルを上げるということになる。レーシックを利用する方は、今後更に増えると予測される事から、レーシックに係わる全体の更なるレベルアップを期待したい。


外国為替 |医療事務 |社会保険労務士 |新会社法 |視力回復方法 |アバクロ通販 |プチ整形 |芸能人 整形; |交通事故 示談
大人にきび |ウィッグ通販専門 |英語検定 |漢字検定 |パソコン検定 |倖田來未 |まつげエクステ; |貿易実務検定